New Apostolic Church Japan

「世界中の教会にとって祝福となった」

 

ヘーバイセン教区使徒(東南アジア教区)は、36年にわたる使徒としての職務を引退しました。シュナイダー主使徒は、送辞の中で、これまでのヘーバイセン教区使徒の働きについて、三つの特色を挙げました。それは、「情熱」「愛」「神への信頼」であります。

A blessing for the global Church

District Apostle Urs Hebeisen (South-East Asia) has retired after 36 years in the Apostle ministry. When Chief Apostle Jean-Luc Schneider said goodbye to him, he summed up his work in three attributes: passion, love, and trust in God.

 

Copyright © 2019. All Rights Reserved.