New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

He came to West Africa without [...]

Shared leadership and collecti [...]

Two divine services—on the sam [...]

“God help me!”—a call that is [...]

Something has to happen when t [...]

Prevention, education, and int [...]

Catechism

敬愛する兄弟姉妹の皆様

日頃から皆様におかれましては、教会活動を通し、心のこもったご奉仕、ご協力により支えて頂き、教役者一同たいへん感謝致しております。教役者を代表致しまして、心よりお礼を申し上げます。

いままで、多摩・松山の教会では、教会員間の親睦を図るためにお茶会を行っていますが、その交わりの時に、私達の信仰の成長の為に何か出来ることはないものかと考えていました。この度、教理の理解を深めるために「教理問答集」を取り上げ、学んでいくことに致しました。

このことは、8月11日の教役者会で決定したことで、私たちの信仰の基礎となるものです。

ピーター・シュルテ教区使徒は次のように述べられています。「私達と主イエスとの間には、数々のギャップがあります。この『教理問答集』は、そのギャップを埋めていく役割を果たします。」

実に750の質問とその答えを、私達は約1年半をかけて学んで行きます。この学びが私達の信仰の礎となり、主からいただく救いを、私達はより多く体験することとなるでしょう。そしてその体験は、経験・知恵となり、父なる神様のご計画である、すべての人に福音を伝えるための賜物となると確信いたします。

日本教区主任牧司

門平 彰弘

Copyright © 2019. All Rights Reserved.