New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

“… until my end” and forever. [...]

As many countries and regions [...]

A small flock and a tremendous [...]

He was and remains an example [...]

“Tina im Kirchturm”—in English [...]

When someone takes their own l [...]

Catechism

「未来」とは何でしょうか。楽観視する人もいれば、悲観視する人もいます。アンゴラのジョアン・ウアヌーク・ミッセロ教区使徒補佐が自身の見解を紹介しています。

主使徒は、2021年の初頭に「キリスト、我らの未来」という標語を発表しました。これは簡単に言うと、私たちはイエス・キリストと共に治めよう—しかも数年ではなく永遠に—という意味です。この認識を持つことは、困難や試練に対処しそれを克服する力を私たちに与えてくれます。私たちは、キリストと共に生き、栄光の運命を待望します。

多くの人にとって、未来にはほとんど希望が持てません。私たちでさえ、先を見据えると恐怖でいっぱいになることがありますが、神様は私たちに別の視点を開いてくださいます。「イエス・キリストが復活された」ということです! この出来事は、奈落の底に落ちた人類を根本的に変え、無限の希望を生み出しました。イエス・キリストの復活は、私たちの未来です。イエス・キリストの復活こそが、私たちの未来なのです!それは、私たちがこの世界で直面しているあらゆる苦しみや課題の中で、こんにちにおける私たちの人生に、希望と意味を与えてくれます。

コリントの信徒への手紙一15章で、使徒パウロは復活について、にわかには信じがたい事実を書いています。

  • パウロが「復活は福音が伝えている厳然たる現実である」(一コリ15:1-4)と言っている以上、それを無視することはできません。キリストは復活されたのです! この事実は私たちにとって最も重要であり、このことを自覚し、信じる必要があります。死者の復活を全信徒が確信するのは、イエス様が死を克服されたからです。
  • 復活には終末論的に重要な意味があります。イエス・キリストには、ご自分がよみがえられたゆえに、私たちをもよみがえらせる力と権威がある、ということです。これ事実を、私たちは愛する人との別れの時などに思い起こします。キリストはよみがえり、死はそのとげを失い、死がなくなる日が来るのです(一コリ15:55)。

最終的にすべてのものが完成するという確信は、イエス・キリストの復活と結びついています。このキリストの相続財産は侵されることがありません。私たちがキリストにあって持っているものは、腐敗したり、朽ちたりすることはありません。この地上では、すべてのものは腐りやすく、滅びやすいものであり、私たち自身の体でさえも錆びたり崩れたりします。しかし、天にある私たちの宝は、朽ちることがありません(マタイ6:19-20)。

(9月7日nac.todayより)

Copyright © 2021. All Rights Reserved.