New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

RSS Error: WP HTTP Error: cURL error 60: SSL certificate problem: certificate has expired

Catechism

ライナー・シュトーク教区使徒(ドイツ)は、「これがキリストの教会だから」と述べております。御子は、教会の未来を見据えてくださいます。心強いお方です。

人はいつも未来を知りたがります。できれば、これから起こる出来事を知っておきたいと思うのが人情です。そうすれば覚悟もできるからです。科学者は、技術や社会環境、経済の発展を背景に、未来を研究しています。多くの場合、この研究の結果は不正確で、その通りになることは、ほぼありません。

しかし、私たちキリスト者には、福音に根ざした基本的な真理があります。その一つは、イエス様が「私は道であり、真理であり、命である。私を通らなければ、だれも父のもとに来ることはできない」(ヨハネ14:6)とおっしゃっていることです。

同様にイエス様はこうも言われました。「行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたを私のもとに迎える。こうして、私のいる所に、あなたがたもいることになる」(ヨハ14:3)。主イエスはこの約束を必ず実行してくださいます。いかなるものも、イエス様の再臨を阻止することはできません。キリストは私たちの未来なのです!

「キリスト、我らの未来」—これはもう今この地上において、大切な考え方となっています。例えば、私たちの会衆はこれからどうなっていくでしょうか。福音の価値はどうなっていくでしょうか。福音が広まる可能性はどうなっていくでしょうか。福音の持つ価値がほとんど役割を果たしていない地域は世界に多くあります。多くの会衆でその規模が小さくなって、自分たちの中で支え合うことが難しくなっているところがあります。

しかしキリストは私たちの会衆、私たちの教会にとっての未来なのです。もし、イエス様がキリストの愛という点で模範となってくださったことを自分の会衆で実践し、自分を第一に考えるのではなく、奉仕したり助けたりする心構えを持つならば、キリストはこの地上において私たちの未来ともなり得るのです。なぜならこれがキリストの教会だからです!

(6月7日nac.todayより)

Copyright © 2021. All Rights Reserved.