New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

Words and miracles of Jesus wi [...]

From deep in the south to high [...]

Family was yesterday. Today, e [...]

About 600 young people in Urug [...]

Catechism

30年前の日本は、二つの意味で、新しい時代の幕開けでした。

1989年1月8日、日本は、昭和から平成という、新しい時代を迎えました。そしてこの年の3月10日、リヒアルト・フェーア主使徒は、新使徒教会の霊的指導者として、初めて東アジアの地で礼拝を執り行いました。この時に主使徒が引用した聖句は、ヨハネによる福音書11章5節の言葉であります。

イエスは、マルタとその姉妹とラザロを愛しておられた。」この御言葉を通じて、主使徒は日本の会衆に向けて、「主が好んで立ち寄られるようなベタニアになっていただきたい」と説きました。これについて、フェーア主使徒は具体的に次のように説いております。「マリアのように御言葉を幼子のような姿勢で受け入れ、マルタのように主の御業で熱心に働くことによって、ラザロのように神様に助けていただくことができる、ということです。」

あれから30年、今年5月には、また新しい時代を迎えます。改めてフェーア主使徒の言葉を噛みしめたいものです。

1989年3月10日に東京都多摩市の新使徒教会に行われた礼拝に関するドイツの「Unsere Familie [我らの家族]雑誌の記事』

 

Copyright © 2019. All Rights Reserved.