New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

Passion means suffering—enduri [...]

Stories from the Bible and new [...]

“Jesus loves us as the Father [...]

For four young men from Bavari [...]

“We are responsible for our ow [...]

Catechism

呼吸器疾患を引き起こす可能性のある新しいタイプのウイルスは、拡散し、人々をいたるところで不安にさせています。手を洗うなどの衛生対策にまったく新しい見方をするようになりました。しかし、精神的な健康にも留意する必要があります。

コロナウイルスにはパンデミックの可能性があります
現在の新コロナウイルス(COVID-19)の流行は、世界を最先端に保っています。多くの国の人々が影響を受けており、広範囲に発生している。政治家と保健当局は正しい注意を払おうとしています。パニックを避けながら、適切な衛生状態を促進してください。教会も影響を受けます。礼拝の中止は時期尚早ですが、特別な予防措置が求められています。手を徹底的に洗う、咳やくしゃみをして腕を曲げるなどの通常の衛生対策に加えて、教区使徒は感染のリスクを減らすために神の奉仕参加者が守るべき特別な勧告を発行しています。
 責任を負う:礼拝は、追って通知があるまで継続して行われます。いつものように、礼拝に参加する決定は信者自身に任されています。同様に、全員が挨拶のために握手するかどうかも、個々人で決めます。
 しかし、病気の兆候がある場合、人々は神の礼拝や他の教会の行事に参加することを控えるべきです。コロナウイルスに感染した疑いのある人と接触した場合も同様です。
 教会の牧司は手指衛生に特に注意を払うよう求められています。体調のすぐれない教役者は、礼拝参加、聖餐の施与、家族訪問を控えてください。
追加の説明を含む詳細は、NAC南ドイツ、西ドイツ、南アフリカ、インドネシアなど、さまざまな地方教会のウェブサイトで見つけることができます。
(3月6日ナックトゥデイ〔一部〕より)

Copyright © 2020. All Rights Reserved.