New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

RSS Error: WP HTTP Error: cURL error 60: SSL certificate problem: certificate has expired

Catechism

変化ほど不変なものはありません。8月7日にメキシコで司式した礼拝で、主使徒が重点を置いたのは、守るべき古いものと、新しく優れたものでした。その一瞬がもたらした衝動は、特に重要でした。

礼拝のための基調聖句は、新約聖書が引用されました。「そこで、イエスは言われた。『だから、天の国のことを学んだ学者は皆、自分の倉から新しい物と古い物を取り出す一家の主人に似ている。』」(マタ13:52)。

〔説教の概要〕まず、この御言葉を理解するには、やはり文脈を読む必要があります。イエス・キリストは人々に神様の御国を宣教し、「私が来たのはモーセの律法を破棄するためではなく、それを完成させるためである」と言われました。もちろん人々はこれを聞いて驚きました。御子なる神様は、必ずしも律法を守っておられたわけではありませんでした。イエス様は、どうすればモーセの律法を理解すればよいかを説明されました。それが神様の律法です。

神の律法

神様は神様の律法を、次のように定義されました。「心を尽くして神様を愛し、自分と同じく隣人を愛しなさい。これが最も大切である。」神様がイスラエルの人々に十戒をお与えになったのは、神様を愛し隣人を愛する方法を、具体的に説明するためでした。すると、イスラエルの人々が信仰生活を毎日歩んでいけるようにするために、一連の律法が作られていきました。しかしこれらは、当時の環境に適応した律法でした。例えば、砂漠では(後代には流刑地も)、神殿と同じように神様を拝むことがありませんでした。

イエス様の時代になると、環境が再び変わり、全く異なったため、いと高きお方である神様の御旨のほうが、日常生活の律法より常に重要となることを明言されました。神様と隣人を愛することが、常に最も重要なのです。ですからイエス様は「私が来たのは律法を完成させるためである」と言われたのです。しかしファリサイ派の人々にとって隣人を愛することは、必ずしも守られていませんでした。

イエスが説明された新しい律法

イエス様はもう一つ、最も大切な律法を明示されました。それは以下の通りです。

  • 水と御霊によって再び生まれること
  • ご自身の肉体を食べ、ご自身の血を飲むこと
  • 自らを制して、イエス・キリストの似姿に変貌すること

使徒と律法

イエス様は、神様の御旨と新しい律法を宣べ伝え、会衆を指導統轄する使命を、使徒たちに課されました。そのためには、当時において適用される律法も必要でした。例えば、初代教会の会衆は財産をすべて共有していました。後代になると、この律法は不要になりました。

初代の人たちがやっていたことは、今の使徒たちもやります。信仰を実践するにはどうすれば良いかを解説します。この律法を解釈し、こんにちの環境に合わせてくのです。すると、ある信徒は混乱し、またある信徒はそのことを拒絶します。最悪の場合、伝えているすべてのことを拒否する信徒もいます。

兄弟姉妹の皆さん、「最も大切なことは変化しない」ということを認識してください。伝えていることの本質は同じです。イエス・キリストは神様です。救われるためには、イエス様を信じ、イエス様が主であることを受け入れ、イエス様の律法を守る必要があります。神様と隣人を愛する必要があります。十戒を守る必要があります。水と御霊によって再び生まれ、聖餐に与り、イエス・キリストの似姿に変貌する必要があります。このことを拒絶する理由はありません。逆に宣教されたことを受け入れる人は、神様から祝福されるのです。

こんにちにおける変化

古いものを守り、それをこんにちの環境に合わせることは、すべての神の子たちに言えます。新しいものは受け入れますが、最も大切であり続けている古いものは、棄てません。変化は新しいものを生む場合があります。それは良いことです。

  • 状況の変化。以前のようにボランティア活動をしたり、教会に関わったり、主に仕えたりする時間がなくなってきています。しかし、その代わりに他のことができるようになります。主や隣人のために、何か新しいことをやっていただけないでしょうか。例えば、今まで話したことのない人と話したり、気にかけたことのない人のために何か良いことをしたり…。
  • 環境の変化。社会の多様化に伴い、私たちの教会の会衆も、その構成が変化しました。こうした構成の変化、多様性、違いを受け入れ、イエス様が私たちを受け入れてくださるように、互いを受け入れなければいけません。しかし「イエス様の弟子になりたければ、自らを制してキリストの模範に従いなさい」という古い律法は、今も当てはまります。「キリストの似姿に変貌する」とは、こういうことなのです。

私たちはキリストにあって一つになるのです。キリストと一つになるだけでなく、キリストにあって一つになるのです。

カトリン・レーヴェン[写真:アメリカ合衆国新使徒教会]
2022年9月22日nac.todayより
nac.today: the news magazine of the New Apostolic Church International

Copyright © 2022. All Rights Reserved.