New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

RSS Error: WP HTTP Error: cURL error 60: SSL certificate problem: certificate has expired

Catechism

善をもって悪に打ち勝つ ― どうすればこれを達成できるでしょうか。最近の礼拝で、主使徒はその方法を教えています。

「悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい」(ロマ12:21)。9月23日、ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は、コルダ(セネガル)の教会で礼拝を司式し、この聖句を引用しました。〔以下、説教の概要〕

 

勝利を祝う

すべての礼拝において、私たちは何かを祝います。イエス・キリストの勝利を祝います。その理由は、イエス様が悪よりも強く、神様と人間を最後まで愛することを、誰も止めることができなかったからです。イエス様は死から復活されたため、悪と死に勝利されたのです。

 

この勝利の恩恵を、私たちも受けています。私たちがイエス様の御許(みもと)に詣(もう)でるなら、イエス様は勝利を得るための力をくださいます。世間には悪がありますが、その悪に負けてはいけません。善で悪に打ち勝ちましょう。悪はとても強力ですが、イエスと一緒なら、皆さんは悪より強く、皆さんも勝利者になれます。

 

そもそも悪とは、神様の御旨に反するものすべてを指します。人間が神様と交わり、そして人間同士交わることは、神様の御旨です。悪とは、人間が神様と交わり、人間同士が交わることを破壊しようとするすべての力を言います。そして、悪とは、私たちを苦しめるすべてのものでもあります。病気、死、不公平、それらは罪への堕落がもたらした結果です。そして、悪はイエス・キリストに敵対するすべての力で成り立っています。

 

誘惑に負けない

誘惑を克服するとは、悪に負けないようにすることです。アダムとエバは悪しき者に耳を傾け、その結果、神様から離れることになりました。イエス様も誘惑にさらされましたが、それに立ち向かわれました。悪魔はまた私たちを誘惑するためにやって来ます。私たちは悪魔を見分けなければなりません。悪魔の目的はただ一つ、私たちを神様から引き離すことです。しかし、神様を信じるなら、誘惑を克服できます。皆さんが感じている疑念や分からないことを神様にお伝えし、イエス様が助けてくださることにより、そうした疑問を克服し、誘惑に勝利することができるのです。

 

善をもって勝利する

苦しみに遭っている人は、神様に腹を立て、神様から遠ざかる傾向があります。たとえ神様のなさることが理解できなくても、神様を信じましょう。悪には悪で答えずに、善をもって打ち勝ちましょう。もっと具体的には、

  • 自分の責任を自覚する。― 善をもって悪に勝利するとは、まず自分の身に起こることに対して自分自身の責任を問うことです。
  • 自分自身が罪人であることを自覚する。― 他人を非難している余裕は、私たちにありません。他人を非難するなら、自分自身を非難しなければなりません。私たちは皆、罪人だからです。
  • 忍耐しなければならない。― たとえつらい時でも、悪に対して善で答え、絶えず神様の御旨を行うようにしましょう。

 

どんなに努力しても、悪を完全になくすことはできません。しかし、イエス様が昇天して神様の御国にお入りになったように、私たちもいつの日か悪から逃れ、神様の御国に入ることができるようになるのです。

 

内なる戦い

これまでは、外部からやって来て私たちを苦しめるような悪について述べてきましたが、悪は外部からやって来るだけではありません。悪は私たちの内面にも宿っています。この悪についても、イエス・キリストによる善をもって、悪に勝利しましょう。つまり、

  • 私たちが謙虚になり、信仰と悔い改めをもってキリストのもとに馳(は)せ参じるなら、キリストが私たちの罪を消してくださいます。
  • イエス・キリストとその力によるなら、キリストのようになり、古いアダム ― 私たちの中に宿る悪 ― を排除し、キリストにおいて神様の御旨に適(かな)う新しい被造物となることが、必ずできます。

 

共に勝利する

思い出してください。私たちはキリストにあって共に生きているのです。孤独ではありません。悪のせいで苦しんでいる兄弟姉妹もいらっしゃいます。誘惑を克服できない兄弟姉妹、神様から離れてさまよっている兄弟姉妹がおります。そうした兄弟姉妹が悪に勝利できるように、私たちにはできることがあります。それは、

  • そのような兄弟姉妹と苦しみを共にすることです。
  • その兄弟姉妹が私たちに対して過ちを犯しても、それを赦し、彼らを愛することです。
  • その兄弟姉妹が今経験している悪や、彼らの中に潜む悪を打ち負かす一助となることです。

「善をもって悪に打ち勝とうとするなら、悪を行いそれを世に増やし続ける悪魔の手先では、もはやなくなり、イエス・キリストの証人となり、誰も悪を行う義務はないこと、そしてイエス・キリストのおかげで、誰もが悪に「ノー」、善に「イエス」と言えることを、世間に証明できるのです。

原著:Katrin Löwen
写真:セネガル新使徒教会
https://nac.today/en/158033/1124250
nac.today: the news magazine of the New Apostolic Church International

Copyright © 2023. All Rights Reserved.