New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

RSS Error: WP HTTP Error: cURL error 60: SSL certificate problem: certificate has expired

Catechism

音楽は、会衆、地域、あるいは大陸を越えて、人々を一つにします。世界中の多くの新使徒教会では、教会員が神様を賛美し、親睦を深めるために歌を歌ったり、音楽を作って演奏したりしています。

会衆の中で自発的に音楽を奏でる

アルグランジュ・メッツ地区(フランス)のピクニックで、青年聖歌隊の演奏が大合唱に包まれました。8月28日、兄弟姉妹はバーベキューをしたり、スポーツをしたり、ゲームをしたり、そして何よりも一緒に時間を過ごし、お互いに話し合う機会を得るために集まりました。最後に青年聖歌隊の歌で盛り上がり、最後の “Confiance en Dieu”(神を信じよ)では、皆も一緒になって盛り上がりました。

また、待ちに待ったオランダのノール地区の集まりでは、たくさんの音楽が聴かれました。2020年初めにアッセンとフローニンゲンの二地区が合併して以来、二年以上待たされましたが、ようやくお互いをよく知る機会が得られました。当日のプログラムは、たくさんの食べ物に加えて、スピードデートや、青少年基金に寄付するためにネイルを塗ってもらう機会もあり、誰もが楽しめる内容になっていました。そしてもちろん、音楽もありました。突然の雷雨で、全員が教会に入りましたが、すぐに外に出て、歌い、踊りました。

楽器が届くまでの長い道のり

エムデンから譜面台、バートオインハウゼンからギター、ザルツギッターからヴィオラ・ダ・ガンバ、ヒドゥンハウゼンからメロディカ、アーヘンからクラリネット、その他ドイツ国内の会衆からリコーダーが届きました。寄付の呼びかけを再開したところ、オインハウゼンの女性新使徒教会員は、人々の圧倒的な寄付の気持ちに対応することで手一杯でした。楽器や献金だけでなく、音楽学校の先生やプロテスタントの教会の合唱団からも寄付がありました。

三カ国の音楽担当者たちは、これらの楽器をとても喜んでくれました。コンゴ・ブラザビルでは、アルディン・ビフィガ使徒がオーケストラに楽器を贈りました。ガーナでは、使徒ベンジャミン・オヘネ・サフォ統轄使徒がこの務めを喜んで引き受けてくれました。トーゴとザンビアでは、待ちに待った荷物があっという間に配布され、おそらく使徒たちは次に行った時にはすでに音楽を楽しめることでしょう。トーゴでは、8月28日に兄弟姉妹が新しい楽器で最初のコンサートを開きました。

ドイツに避難したウクライナ人ソプラノ歌手

オクサナ・ドンディクさんはソプラノ歌手として、またウクライナの様々な聖歌隊の指揮者として成功した人物です。例えば、彼女はフレシャティク・アカデミック室内合唱団を指揮し、いくつかの国際合唱コンクールで優勝している。しかし、戦争が始まり、彼女は子供を連れて家を飛び出し、キャリアも捨てなければならなくなりました。彼女はドイツのフレッヘンに避難し、そこで新使徒教会の牧司と出会い、彼はすぐに彼女と娘の音楽の才能に目を留めました。彼はオクサナさんの娘オルハさんをテーマパークへの青少年の遠足に招待し、信徒は母娘に教会で練習する機会を与えました。

5月1日の祝日に、オクサナさんは他のウクライナ人女性たちとカルテットの演奏を企画しました。プロテスタント教会で行われたエキュメニカルな平和への祈りで歌いました。その後、母国を離れた音楽的才能のある若いウクライナ人女性で構成される「ボーカル・アンサンブル・ウクライナ」を設立しました。ウクライナの音楽、伝統、文化に親しみ、亡命中のドイツでウクライナの文化を広めたいと考えています。

8月14日には、フレッヘンの障がい者文化センターで初の公式公演が行われました。しかしその前に、8月7日の礼拝の後、フレッヘンの新使徒教会員へのお礼として私的なコンサートが行われました。若い女性たちは、三曲の聖歌と四曲の民謡を歌い、観客に感動を与えました。民謡には情景描写の要素も含まれていました。

カトリン・レーヴェン[写真:NAK Westdeutschland / ENA France]
2022年9月16日nac.todayより
nac.today: the news magazine of the New Apostolic Church International

Copyright © 2022. All Rights Reserved.