New Apostolic Church Japan
nac.today latest news

A preparation aid, not a sermo [...]

Changed access details, new st [...]

Life is full of change: there [...]

The pandemic forces people to [...]

Liturgy is more than just a pr [...]

Fewer central video services, [...]

Catechism

今年は11月に日曜日が5回あります。その最後の日曜日を以て、教会暦の一年が終わります。すなわち待降節が11月の最後に始まるということです。一年が経つのはなんと早いことでしょうか! 最後の事柄に専念することには、十分な根拠があります。これは神学の基本による考え方です。

最後の事柄に関する教えは、神学において終末論と呼ばれています。この研究分野が関わるのは、この世の人生の後における生命、すなわち復活、永遠の生命、キリストの再臨、平和王国、最後の審判、新天新地です。すべてこれからやって来ることを見据え、私たちキリスト者が準備しなければならないことを学びます。時の終わりと新しい時の夜明け、つまり神様が約束された救いの時に備えるのです。

準備が大切

11月の第二日曜日からの礼拝テーマで、キリストの再臨を優先的に扱います。私たちはこのキリストの再臨に備えなくてはいけません。そして、そのためにはキリストの愛において成長する必要がある、と聖書に書かれています。これについては初期の教会が模範を示しています。そこで「隣人愛はイエス様の御心による素晴らしい人生を人々に送ってほしいと願い、できればそういう人生が送れる一助(いちじょ)にもなることによってなり立つ」という趣旨の礼拝となります。会衆に属す人は互いにますます親しくなって、互いの団結を強めるべきです。

裁きには調節を促す意味も

「私たちは皆、キリストの裁きの座に出てすべてが明らかにされ、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行った仕業に応じて、報いを受けなければならないからです」(二コリ5:10)。初めて聞くと、少なくとも自分の弱点を認識していれば、これは脅しのように思えます。多くのキリスト教徒たちはあまりにおめでたく、この裁きを遠い先のことに追いやっています。しかし、ある意味において、キリストが再びおいでになる時からこの裁きは行われるのであって、最後の審判だけではないのです。主は心を調べるのであって外見を判断なさるわけではない、ということを知っていれば、気持ちが楽です。真摯(しんし)な姿勢でキリストに従い、愛の二重の戒めを真面目に実践するならば、寛大(かんだい)な裁きを受けるための良い条件を提示することになります。これにより神様の恵みを期待することができます。

教会暦における歳末

11月第四日曜日は、教会暦の最終日曜日でもあります。この日は新天新地における永遠の生命がテーマです。「しかし、私たちは、神の約束に従って、義の宿る新しい天と新しい地とを待ち望んでいます」(二ペト3:13)。このように聖書には、神様による救いの御計画の行程表に、新天新地に関することが書かれています。これについても準備しておかなければいけません。新天新地を支配する神様の義を、すでにこんにちにおいて、私たちが人々を憐れむというかたちで見える状態にして、この神様の義を私たちの教会における大きな特徴とすべきです。性別、人種、国籍、教育水準、社会地位に関係なくすべての人に神様の愛を惜しみなく行き渡らせることによって、神様の義が日々新たに現れるようにしましょう。

神は我らと共におられる

11月第五日曜日から、待降節が始まります。多くの人にとっては、先の読めない極限の時期でしょう。新型コロナで愛する人を亡くした。失業した。財産を失った。これから良くなるという希望がない。友人も家族もいない。このような人々には、特にこの時期、特別な気遣いが必要です。ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は次のように表明しています。「待降節第一日曜日はずばり、神様は約束をお守りになる、というテーマです! 聖霊は何度も私たちにこう言われます。『イエス・キリストは神の御子、購い主、油注がれた者、王である。』」

この所感によって、暗い時期に新しい力を受け、より良い未来を新たに希望することができます。

最後の事柄に関する教えは、神学において終末論と呼ばれています。この研究分野が関わるのは、この世の人生の後における生命、すなわち復活、永遠の生命、キリストの再臨、平和王国、最後の審判、新天新地です。すべてこれからやって来ることを見据え、私たちキリスト者が準備しなければならないことを学びます。時の終わりと新しい時の夜明け、つまり神様が約束された救いの時に備えるのです。

準備が大切

11月の第二日曜日からの礼拝テーマで、キリストの再臨を優先的に扱います。私たちはこのキリストの再臨に備えなくてはいけません。そして、そのためにはキリストの愛において成長する必要がある、と聖書に書かれています。これについては初期の教会が模範を示しています。そこで「隣人愛はイエス様の御心による素晴らしい人生を人々に送ってほしいと願い、できればそういう人生が送れる一助(いちじょ)にもなることによってなり立つ」という趣旨の礼拝となります。会衆に属す人は互いにますます親しくなって、互いの団結を強めるべきです。

裁きには調節を促す意味も

「私たちは皆、キリストの裁きの座に出てすべてが明らかにされ、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行った仕業に応じて、報いを受けなければならないからです」(二コリ5:10)。初めて聞くと、少なくとも自分の弱点を認識していれば、これは脅しのように思えます。多くのキリスト教徒たちはあまりにおめでたく、この裁きを遠い先のことに追いやっています。しかし、ある意味において、キリストが再びおいでになる時からこの裁きは行われるのであって、最後の審判だけではないのです。主は心を調べるのであって外見を判断なさるわけではない、ということを知っていれば、気持ちが楽です。真摯(しんし)な姿勢でキリストに従い、愛の二重の戒めを真面目に実践するならば、寛大(かんだい)な裁きを受けるための良い条件を提示することになります。これにより神様の恵みを期待することができます。

教会暦における歳末

11月第四日曜日は、教会暦の最終日曜日でもあります。この日は新天新地における永遠の生命がテーマです。「しかし、私たちは、神の約束に従って、義の宿る新しい天と新しい地とを待ち望んでいます」(二ペト3:13)。このように聖書には、神様による救いの御計画の行程表に、新天新地に関することが書かれています。これについても準備しておかなければいけません。新天新地を支配する神様の義を、すでにこんにちにおいて、私たちが人々を憐れむというかたちで見える状態にして、この神様の義を私たちの教会における大きな特徴とすべきです。性別、人種、国籍、教育水準、社会地位に関係なくすべての人に神様の愛を惜しみなく行き渡らせることによって、神様の義が日々新たに現れるようにしましょう。

神は我らと共におられる

11月第五日曜日から、待降節が始まります。多くの人にとっては、先の読めない極限の時期でしょう。新型コロナで愛する人を亡くした。失業した。財産を失った。これから良くなるという希望がない。友人も家族もいない。このような人々には、特にこの時期、特別な気遣いが必要です。ジャン=ルーク・シュナイダー主使徒は次のように表明しています。「待降節第一日曜日はずばり、神様は約束をお守りになる、というテーマです! 聖霊は何度も私たちにこう言われます。『イエス・キリストは神の御子、購い主、油注がれた者、王である。』」

この所感によって、暗い時期に新しい力を受け、より良い未来を新たに希望することができます。

Copyright © 2020. All Rights Reserved.