日本新使徒教会

New Apostolic Church Japan

一つの聖句、三つのたとえ、たくさんの泉、一つの循環。確かに、お祝いに不足はあり得ません。主使徒の礼拝から、様々な考えを、不足なく豊富に得ることができます。

2019年1月20日ドイツのヴィースバーデンで行われた礼拝では、ヨシュア記15章19節が引用されました。「彼女は『お祝いをいただきたいのです。私にネゲブの地をくださったのですから、泉もください』と言った。カレブは上(かみ)の泉と下(しも)の泉を彼女に与えた。」

Continue reading

兄弟殺しは、必ずしも流血を伴うわけではありません。カインとアベルの間で起きたようなことは、今も毎日起きています。そしてこの話は、読者一人ひとりに、ある一つのことを問いかけています。

カインとアベルは、年代的にアダムとエバの後に登場する人物というだけではありません。実は、このカインとアベルの話は、二度目の堕罪と捉えるべきなのです。彼らの両親の時は、人と神様との関係が問題でしたが、この兄弟の時は、人と人との関係が問題となったのです。 Continue reading

資金の活用が上手な人だけが、経済的な豊かさを維持できます。これは、この世のことに限らず、霊のことにもいえます。エンリケ・エドゥアルド・ミニオ教区使徒(アルゼンチン)による、2019年標語についての所感です。 Continue reading

神様は富を際限なく与えてくださいます。お与えになる条件もありません。これに私たちはどう応じるべきでしょうか。その答えは、2019112日にアンゴラのウアンボで、示されました。ローマの信徒への手紙24節を基調聖句とした、主使徒による説教からの引用です。 Continue reading

Copyright © 2019. All Rights Reserved.